FXトレードにおいては、為替が大

FXトレードにおいては、為替が大きく変動する時間帯をきちんと把握しておくことが大切です。典型的なのが米国雇用統計が発表された後の時間帯です。
さらに、アメリカのFRB理事会が終了した後も大きく動きます。

1日の間でみても日本、欧州、米国の主要市場の取引開始から大きく変動する場合もあるので、市場の開始時間をきちんと認識しておくようにしてください。FX取引を始める場合に、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらを使用して取引をしたら利益が上がるのだろうと考えた人も少なくないのではないでしょうか。FXの初心者のケースでは、まだ相場観が十分に形成されていないので、自分の直感と世界情勢を見て取引を行うファンダメンタルズ分析を利用することはリスクを伴います。一発での勝負ではなく利益を継続的に得られるようにFXでの立ち回りを考えてみるとすると、あらかじめシミュレーションは必須といえますし、勝つ人の多くが実践していることだと思われます。
それには自動取引用のソフトを使ってバックテストを行うことが最も簡単なので、早くに導入することが勝つための秘訣です。FXは、前もって振り込んだ証拠金の数十倍の金額で取引が行えるレバレッジと呼ばれているメカニズムがあります。

レバレッジを働かせれば大きな収益を得ることも可能ですが、反対に失敗した時は莫大な損失が出るケースがあり、これが短所だと言えます。損失が預けている証拠金を超えてしまった場合、さらに不足した金額を支払う必要があります。

株式取引の場合、自動的に税金を持っていかれていく特定口座があるのに対し、FX取引では特定口座がまだないので、自ら税務署に税金を納める必要があります。
しかし、計算を間違えたり、うっかり忘れたりして脱税するミスが増えています。

税率が株式と同じ程度になったFXでも特定口座制度の設立が期待されています。

FXでは取引を繰り返すたびに徐々に負担になってくるのがポジションを持つ時にかかるスプレッドなのです。

このコストはパッと見ると微量で大した額にならないよう見えても、主流となる短期取引の場合だと取引の回数が多い分、ちりも積もれば山となっていくのです。ですので、最初の業者を選ぶときにスプレッドを重視するということは大事なことだといえます。昨今、巷で注目され始めているのがバイナリーオプションと呼ばれるものです。
分かりやすくいうと、通貨の価値が上るか下がるかを予想して、予想通りの結果であれば利益を得られるというシステムです。そう聞くと、ギャンブル性を感じますがあくまでも投資なので、世界的な情勢、それによる相場の動きなどを読む必要があります。外貨預金は、外貨と円を交換する際に、銀行に手数料を払わなければなりません。しかし、FXの場合は、ゼロ手数料で取引のできる業者が一般的ですので、割と軽い感覚で取引を行えます。ですけど、レバッレジの利用をせずに長い期間の資産運用を行っていくのであれば、倒産のリスクなどを考えて資産を銀行に預けることが一番安心です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ