私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学

私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学時代からニキビに悩み、二十歳を越えた現在でも、ニキビができやすいので、お手入れは意識してしています。そして、三歳になる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。
不憫なことに必ずニキビ肌になりそうです。
遺伝とは恐ろしいと感じました。

ちゃんと毎日髪を洗っているのに頭皮が痒く、フケが目立つようになったという方はひょっとすると敏感肌の可能性もあります。
そんな場合は手持ちのシャンプーを使うことを停止しましょう。

敏感肌でも大丈夫なシャンプーは無添加の石鹸なのです。余分な成分が入っていないので、髪にも最適で、刺激が少ないのです。ニキビが発生すると潰してしまうことが多いです。潰すと跡が残るからだめだ、というのが定論です。

極力早く治すには、ニキビ専用の薬がベストかと思います。潰したニキビ跡にも効果があります。

洗顔をして、化粧水・乳液で肌をおちつかせ、ニキビだけに薬を塗るようになさってください。年をとるごとにお肌がたるんできたなと感じるものです。そのように思ったら、お肌の保湿ケアをしっかりやって、クリームなどを塗ってセルフマッサージをして、たるみの改善に努めましょう。それを続けるだけでも、全く違いますので、嫌がらずやってみることを推奨します。

ニキビを作らないようにする上で気を付けないといけないのは、雑菌の温床にならない環境を準備することです。

ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、枕カバーを長年洗っていない、手で直接肌に触れるといったことは、お顔に菌を塗っているようなものです。

いつもに清潔を保てるように注意を払いましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ