「生産性を意識した仕事をしたい」

「生産性を意識した仕事をしたい」、やりがいのない仕事を理由に辞めた場合は「新しい仕事場でさらなる成長を心がけていきたい」と表現を変えると良くない印象を与えません。

ネガティブな転職理由も表現を変えることにより、履歴書に添える文章は、200字以内にまとめるのが理想として、少なくとも150字以上は書きましょう。どういう転職理由が受けがよいかというと、最初に、実際に転職を考えた理由を心に思い起こしてください。そのままの言葉で表現するのではないので、素直に文字にしてみましょう。そして、それをマイナスの印象にならないように書き直してみてください。

転職する理由を長く語ると正当化しているように聞こえてしまうので、簡潔にまとめるよう注意しましょう。なぜ転職するのか、は書類選考や面接においてとても重要です。

相手がうなずける説明ができなければ高い評価を得られません。

ところが、転職理由を質問されても答えるのに苦戦してしまう方も少なくないはずです。

みなさん、履歴書での書き方や面接での答え方にこの転職の動機に四苦八苦します。転職しやすい時期は、多くの会社が3月や9月頃に求人を募集します。また、勤続年数が2年以上あれば、長く働くと判断してくれるでしょう。希望する職種があるのなら、いつも求人情報を確認して、希望職種を見つけたら応募するといいですね。募集の条件が、欠員が出た場合のみの職場は、いい時機を逃しがちになることもあります。労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性を重視した仕事のスタイルにしたい」、仕事にやりがいを感じられずに辞めた場合は「新しい環境でさらなる成長を目指したい」と変えると印象が悪いものになりません。
転職理由がネガティブだったとしても表現を変えれば、ポジティブに受け取られます。履歴書に書くのであれば、150文字から200文字程度が理想とされています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ