FXの取引での負けが続くと、その資金

FXの取引での負けが続くと、その資金の減少分を元に戻すためについ多くのお金を使ってしまう人も少ないとは言えません。そうすると、大きな負債を背負う可能性があるので、FX講座には不要なお金を入れないようにしましょう。

これは口座に余分なお金も入れてしまうと、まだ勝負できると思って余分な資金を投資してしまう可能性があるからです。
株のデイトレードによって短い期間に大もうけできる人は間違いなくいます。デイトレードとは、注文した株を持越さないで当日以内に手仕舞いしてしまうやり方なので、予想できないほどに株価が下がってしまうこともあまりなく、リスク管理がしやすいでしょう。

FXで大切なのは、経済指標ということになります。

そのような指標により、レートの乱高下が発生するといったことも珍しくはありません。中でも有名な指標は、アメリカの雇用統計だと思います。この指標が強い時には円安ドル高となって、弱いと、円高ドル安になります。

FXには逆張りと呼ばれる方法があります。逆張りは一定の範囲を上下するレートのレンジ相場を得意としています。トレンドラインを引いてから、上値抵抗線や下値指示線に近づくと逆張りを使用するなどトレーダーごとに手法が変わってきます。

しかしながら、トレンド相場とは相性が良くないので、よく注意すべきでしょう。

FX取引では、為替相場が大きく変動する時間帯をきちんと把握しておくことが肝要です。

代表的なものが米国雇用統計が公表された後の時間帯です。さらに、米国FRB理事会の後もよく変化します。

1日の時間帯でみても日本、欧州、米国などの主要な市場で取引が始まる時間から大幅に変動する場合もあるので、市場が始まる時間をしっかりと認識しておくようにしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ