乳酸菌を過剰に摂取したとしても別に

乳酸菌を過剰に摂取したとしても別に副作用といったものはありません。ただそうは言いますが、いくら体に良くてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリー過多になる可能性もあります。

消化吸収できる量にも限界というものがあるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと確かでしょう。
赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、きわめて大変なことにすすんでいきます。
まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられますし、そうなると命を失うこともあり得るでしょう。インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを連れださない方が正解かもしれません。アトピー性皮膚炎は非常に耐え難い症状が出ます。季節を問わず一年中痒みとの我慢比べになります。夏は汗のせいでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。

また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、間違って食べてしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。息子がアトピーだと医者から診断されたのは、2歳になったばかりの頃でした。
足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。

そうして2年ちょっとステロイドを与え続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、ぜんぜん良くなりません。

結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、ようやくそれらの症状も落ち着きました。

大便が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口臭が感じられるようになります。

どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュで口の中をきれいにしても、口臭は腸から胃を経て不要なものを出そうとし、口の臭いになってしまうのです。そうなると、お通じがよくなると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ