私の子供がアトピーだと医者からい

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。かゆみがしょっちゅうあり、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。
そうしてステロイドを2年と少し続けて、気にしながら様子を伺っていましたが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、まったく良くなってくれませんでした。
そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。ここのところの研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がすごく有効だということがはっきりとわかってきました。
インフルエンザはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。
日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力というものが向上して、インフルエンザの正しい予防となったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。乳酸菌をどう選べばよいかというと、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試すことがオススメです。近頃は、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、サプリというものも出回っています。

私は腸まで届くような乳酸菌飲料を初めて口にしてみたとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、お休みの日の前に試すことがいいかもしれません。ここ最近は年ごとに冬になればインフルエンザが大流行しています。年々予防注射で予防する人も上昇しているようですが、都市部ではかなりの人数がかかる結果となっています。感染経路は様々考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と接触する空間でうつっていることだと思います。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るというところでは一緒ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作り出す働きがあるのだそうです。だから、ノロウィルス対策に有効だということなのですね。ここ最近は、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、摂るといいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ